私立小学校の受験は家庭や教室などで対策を行います

子供を通わせるメリットは多いです

私立小学校は独自の教育方針を持っており、礼儀などをわきまえた生徒の育成を目指しています。高度なカリキュラムを採用しており、小学校を超えるレベルの教育を学べます。普段の授業だけでなく特別な課外授業やアフタースクールがある学校もあります。入学すれば、その後はエスカレーター式で中学校に進学します。特に、良い環境である関東の学校で勉強させたい親は多く、倍率が10倍以上になることもあります。中学校の受験も人気が高く競争となるので、小学校に入学させるチャンスを受けて損はありません。私立小学校はただ知識がある子供が入れるわけではありません。知識を活かせる子供を求めています。最近は少子化の傾向がありますは、私立小学校を受験する家庭は増えています。準備には家庭内での教育と幼児教室で対策を行う必要があります。

試験で問われる内容は様々あります

実際の試験ではテストだけでなく様々な形式が行われます。まず筆記試験のテストは、生活のマナーや簡単な物の名前など日常的な試験になります。知識だけでなく先生に聞かれたときに臨機応変に返せる対応力が求められます。学習面だけでなく身体を動かす試験もあります。走る・飛び跳ねる・マット運動など基本的な能力が問われます。先生の指示通りの動きをできるかどうかも見られます。個人だけでなくグループ単位でも試験が行われます。決められて遊びを通し、協調性がとれているか・挨拶の有無などその子の性格をしっかり見られます。行動の観察は重視されるため、普段の生活習慣をしっかりする事が必要です。その他にも手先の器用さ、記憶力などが問われます。学校によって試験内容は様々です。また、多くの学校で親子目節・保護者面接のいずれかを行います。面接では普段の親子像が見られます。どうしてこの学校を選んだのか詳細な理由と教育方針をきちんと答えられるようにしましょう。

幼児教室や習い事をさせる家庭がほとんどです

私立小学校の受験は学習度だけでなく生活態度など幅広い項目が見られます。試験対策を行うための準備期間は必須といえるでしょう。受験を考えている保護者は1年の期間を準備に使います。幼児教室などに通うだけでなく普段のしつけも重要なので、子供が小さいうちから熱心に行う家庭も多いです。例えば、外に出て自然や動物と触れ合ったり、遊んだりと色々な経験をさせます。普段から親子で多く触れ合うことで、後々大きな有利となります。幼児教室はほとんどの家庭が通わせています。お子様が通う小学校の試験項目を考慮し、最適な幼児教室を選ぶことが大切です。他にも絵画や体操教室など習い事を行うのも良い対策になります。

記事一覧