私立小学校受験の難易度に関して

難関突破に向けての必要な準備に関して

少子高齢化の時代になっている一方で、年々加熱していると言われているのが私立小学校受験ではないでしょうか。とりわけ都市部においては、全児童の三分の一がチャレンジすると言われています。大変な道のりであるのは確かですが、合格を勝ち取ることでその後の人生が楽になるのは確かです。中学校や高校にエスカレーター式で進学することが出来ますし、就職を含めて長期的なビジョンで捉えることが出来ます。子どもとの将来のためにも、前向きに考えてみてはどうでしょうか。公立学校の授業は素晴らしいですが、私立小学校の教師陣のレベルは更に上を行くと言われています。校内の学習環境も群を抜いていますし、子どもが腰を据えて勉強に取り組むことが出来るのではないでしょうか。これからの大学の在り方を考えると、難易度を含めて二極化すると言われています。就職に強い大学に入るには、なるべく小さいうちから準備をしておくことが大切です。

勉強量と準備を開始する時期に関して

私立小学校受験の難易度に関してですが、やはり誰もが知ってる名門校になると難易度は格段に上がります。競争率が十倍を超えることがありますし、合格するにはかなりの努力が必要と言えます。私立小学校受験を専門にする塾もありますし、早い場合は三歳からそこに通って準備を進める御家庭もあります。塾の講師は受験のプロフェッショナルですし、合格を勝ち取るノウハウを熟知しています。礼儀やマナーも含めて、難関突破の方法をレクチャーしてくれるはずです。塾に入るには経済的な負担は大きくなりますが、将来に向けての先行投資と言えるのではないでしょうか。愛する子どもに辛い思いをさせないためにも、親御さんの導きが必要不可欠なのではないでしょうか。

親御さんの心構えと対策に関して

難関突破に向けては子どもの能力が最も重要な要素になりますが、それと同じ位に親御さんの心構えが鍵を握っています。親御さんの面接にも十分な時間をかけますし、教育に関する明確なビジョンや夢を持っていることが大切です。無論、学校行事や寄付金の問題も頭に入れておくべきです。面接官は色々な質問を投げ掛けて来るはずですし、何度も何度もシミュレーションをしておくべきです。綺麗に答えようとする必要はありませんし、思いのたけを素直に語れる練習をしておくべきです。服装や言葉遣いに気を付けて、合格を目指して頑張って下さい。

記事一覧